誰も目指さなかった場所に

誰も残さなかった道をつくろう。

お越しありがとうございます

この曲のmp3音源は未掲載のようです。

無残の国


もちつもたれて繰り暦
風の彼方に置き土産
うたも心も永久の
忘れ形見となりにけり
ああ時間よとまれ または私よとまれ
移ろうものに囲まれて
火照った指で何残す

一夜明ければ泰平の
時計仕掛けの旋風
明けてしばしの日の本で
夢は屍となりにけり
ああ時間よとまれ または私よとまれ
濡れ手に粟に憧れて
一夜の夢を酔い潰す

模して絡げて散々に
消えた費えたし尽くした
積もる塵まで敷き詰めて
無残の国となりにけり
ああ暮れては明けて そして明けては暮れる
増えて殖やして余らせて
無残の国となりにけり
涸れてはたいて冬枯れて
無残の国となりにけり


無残の国 今月(16イイヨー) 累計(186イイヨー)

<< その場ちがい梓 へ戻る