誰も目指さなかった場所に

誰も残さなかった道をつくろう。

お越しありがとうございます

この曲のmp3音源は未掲載のようです。

キムラさん


キムラさん キムラさん どこへ越したのか

うちの隣に住んでいたキムラさん
年の頃およそ三十若夫婦にヨシタカという名の幼児

越してきたとき挨拶にいったら
どうもわざわざ済みませんなどと言う
いわゆる普通目の夫婦

聞こえてきたんだ朝九時前
なかなか着替えの終わらないヨシタカに
ママの黄色く赤いお折檻

キムラさん キムラさん どこへ越したのか

或日或朝赤ん坊の声がした
つまりヨシタカにも出来たんだろう弟か妹かどっちか
気配を察して訪ねてみれば
二人目が出来て手狭になってしまいましてと初対面のように言う

忘れはしないよ朝九時前
廊下をもたもたついていくヨシタカにママの黄色く赤いお折檻

おーキムラさんいつの間に子供出来たのか

キムラ家が越してからひと月
お隣にまた誰かが越してきた まだまだ挨拶はない

表札はちゃんとかかっているが
木ヘンにこれは一体なんだ何と読むんだ
読んだことのない名字 歌にも出来ない名字


キムラさん 今月(30イイヨー) 累計(550イイヨー)

<< その場ちがい壱 へ戻る