誰も目指さなかった場所に

誰も残さなかった道をつくろう。

お越しありがとうございます

時時是錯乱日記 - たれべるにより 5ヶ月分表示します [2018年02月] [2018年01月] [2017年12月] [2017年11月] [2017年10月]

new > - 2017年10月31日 09時31分31秒

一年の計と十年の計、 - 2017年10月31日 09時31分31秒

一年の計と十年の計、ご来場ありがとうございました。

ここのところ、毎月毎月ますます事後挨拶が遅くなっていくような気がしています。

昨年九月、なま明るいカフェでのライブでご一緒させていただきました、諸平哲司さんとは、四谷コタンのブッキングで二十三年前の十月に出会ったと記憶しています。僕が一番手午後七時から。諸平さん四番手午後九時から。

数字を出してみましょう。石村吹雪25歳諸平哲司36歳。

なんとまあ、おふたりとも、お若いこと。

普段とくべつ、交流はありません。ありませんという言い方がぴったりなくらいの、全くございません。あの頃、彼が何度目かの結婚式を行ったこと、お呼ばれしたけども金欠もひどいし別件多分おそらくべんべん用件で行かなかったことは覚えていますが、そのお子さんが高校三年生になったと聞いて驚くほど、交流はありません。交信もありません。

でも、二つ返事でフィールドに来て下さいました。思えば、実にありがたい関係です。

或いは、クボフミトとまだまだお仕事以上の関係が続いていらっしゃることも一因かも知れません。

どうしても再会のような気分になるのは、まだ僕らがべんべんと名乗る前に、僕らに声をかけてくれたことがあったからでしょう。ただの一度、江古田のバディでやったイベント。

時々また、マジックも見たいし、アルバムも聴きたいものです。そして、死ぬまでやめそうにないなーこの人も、と思わされました。それが嬉しい。

僕はと言えば、秋をテーマになんて思ったら遮断器のあるまち、がぴったりでした。一時間で収めましたが、みなさんいかがだっかなあ。


今回の西池袋軽音楽部は、モニカ、異邦人、さよならの向こう側。慣れては来たものの、次は工夫が必要になって来ますね。


次さ。次がある。そう言える間に、新しいアルバムが作りたいですね。優勝記念セイルも、あと少しの作業で完成します。

___________ ↑ PAGE TOP__________

さて。メルマガとな。 - 2017年10月20日 16時41分56秒

さて。メルマガとな。

新しいサイトがトップに来る。石村吹雪で検索すると。まあ、ユニークだからなあ。

これで、初めて検索する人はあちらを見ることになる。これは安心なのだ。僕自身が作ると、どうしても、悪い意味で僕らしくなってしまう。良い面も勿論あるけれども、悪い面が出てしまうのも仕方のないこと。

そこで、出来るだけ一般的なフォーマットにのっとって、僕はただ個人情報をすげ替えるだけ、程度の雛型重視製作をしてみている。

そんなだから、まったく今までの僕らしくなくて、警戒する方もあるかもしれないが、メルマガ登録。してみてください。近日、稼働しますから。

___________ ↑ PAGE TOP__________

江古田マーキーご来場 - 2017年10月15日 08時37分48秒

江古田マーキーご来場ありがとうございました

天気もよろしくなく、僕はギターと鞄と傘を持たねばならない事態を、最初から最後まで憂いた一日でした。

春に思い立って、アルバム単位でライブをやって来ました。今回も昨年の、わらいごと、からでしたが、このあたりの曲は、活動再開後に作ったものばかりなので、印象としてはまだ

現在進行中のうたたち

なのですが、なんと、懐かしい気持ちになりました。毎月違う歌を歌い続けた結果、ほんの半年前までよく歌っていたうたも懐かしくなるものなのですね。

これは流石に、想像できないことでした。面白いなあ。こんな発見がまだ、あるなんて。

日々月々が新鮮であり続けるように。努めていってみたくなりました。

___________ ↑ PAGE TOP__________

梨田の責任転嫁につい - 2017年10月14日 17時59分37秒

梨田の責任転嫁について

もう見飽きた。
責任者たるもの、堂々と決断をするべきだろうに。

状況判断は、監督の仕事。
NHK組には、このような輩が目につくのは偶然ではないのことよ。おほほほほ。

久しぶりにスコアだけで語ってしまった。反省。

___________ ↑ PAGE TOP__________

ヤフーオークションに - 2017年10月12日 22時06分35秒

ヤフーオークションに、
べんべんが高値で出されている。
なんだか、偉くなった気分だなあ。

そう。かつて近所にブックオフが出来た時に、少しだけ想像した。こんなとこのワゴンにべんべんなんかあったら、ショックだなあ。いや待てよ、他の流通済みCDと、ある意味肩を並べたことにはならないか?

というところまで。

それでも、虚しいことには違いない。
CD一作作るのって、結構大変なんで。僕は好きだから高校生くらいから作品集という形を作って来たけれども、多分、誰にでもできることじゃない。

べんべんから、二十年。この二枚の通番は、すでに09と10だった。今はもう40を超えている。

まだ、信じてることは、誰にでもできることでは、ないってこと。

___________ ↑ PAGE TOP__________