このサイトについて
fubuki.nohit.info
ようこそおいでくださいました

転居 ___ のこりもの ( 石村吹雪 ) より

この曲のmp3音源は未掲載のようです。

転居


三度目の更新を前にこの街を去ることになりました
冬枯れの△の木にはお別れを告げようと思います
眠れずに朝靄の立ったオサンポ山の木立を見上げて
きっと思い出はきれいなものでしょう
年月はその味を薄めてしまうから

何度となく思い出してその度に足早に歩いた道
街灯の馴染んでいた夜とどこまでも続くように見えた坂
バス停にうずくまる猫と温もりを交わしては手を振った
きっと思い出はきれいなことでしょう
年月はその毒も薄めてしまうから

新しい街で住む部屋はベランダも部屋数も倍はあり
新しい洗濯機にも二倍ほど働いてもらいます
食卓に立てかけてあったハガキの主に味見をさせます
いつも思い出は意外なものでしょう
生活の隙間からこっそり顔を出す
きっと思い出はきれいなものでしょう
年月はその味を薄めてしまうから

<< のこりもの へ戻る

<< 前のページに戻る

転居 今月(2イイヨー) 累計(100イイヨー)

↑ PAGE TOP