このサイトについて
fubuki.nohit.info
ようこそおいでくださいました

遺し書き ___ 遺し書き ( 石村吹雪 ) より

この曲のmp3音源は未掲載のようです。

ラブレコードこちらの作品は、ラブレコードでお求めいただけます


遺し書き


富士見町へ登る坂道
どうして僕の好きになる子は
坂の上に住んでいるのかと
苦笑いだよ見た目うす笑い

いくつも出会いそして
いくつも別れ何故に
別れなきゃならなかったのか
思い出せないよ

散歩道は喉が渇くね
缶コーヒーの好きな子はいない
缶に口をつけられないのは
誰だったっけいつのことだっけ

歩道橋が揺れて驚く
どうしてみんな同じ顔したの
手すりと僕を掴んでいたのは
誰だったっけみんなそうだっけ

いくつも出会いそして
いくつも別れその度
明日を待ちきれなくなって
生きてこられたよ

ふとありがとうと言いたくなった
僕の好きだったすべての人に
津久戸町へ向かう坂道眺め
歩道橋でしばし立ち止まる

<< 遺し書き へ戻る

<< 前のページに戻る

遺し書き 今月(4イイヨー) 累計(208イイヨー)

↑ PAGE TOP