このサイトについて
fubuki.nohit.info
ようこそおいでくださいました

思い出のようです ___ うつつのしらべ ( 石村吹雪 ) より


ラブレコードこちらの作品は、ラブレコードでお求めいただけます


思い出のようです


曖昧な君の記憶に
曖昧な僕は刻まれる
知らない誰かとまざりながら
憂鬱な朝に蘇る
あの日あの場所の誰彼と
ごっちゃにされてはかなわないが

一夜を過ぎて季節を跨ぎ年をとって
変わらないようで変わってく自分に気づかない

僕は君を想いました
とても大事に思いました
よく知らない町で君を待ちぼうけました
君と時間を過ごしました
テレビも見ずに過ごしました
振り返る度に君は美しくなります

不器用なだけ深々と
お互いの傷は刻まれる
似たような誰かを避けながら
*
幸福な夜の入口で
あの日あの場所は蘇る
君の面影がやはり優しい

一夜を過ぎて季節を跨ぎ年をとって
変わらないようで変わってく自分に気づかない

僕は君を想いました
とても大事に思いました
会えない夜は電話をかけ続けました
君はまるで思い出のよう
今もきっと生きているのに
ただただもう二度と
会うことがないだけなのに

僕は君を想いました
とても大事に思いました
よく知らない町でただ歩き続けました
古い話と笑えるかわり
今日もひそかに願いました
思い出よりも君は美しくありますように

<< うつつのしらべ へ戻る

<< 前のページに戻る

思い出のようです 今月(9イイヨー) 累計(481イイヨー)

↑ PAGE TOP