このサイトについて
fubuki.nohit.info
ようこそおいでくださいました

朧ろの奔流 ___ 我が世の春 ( べんべん ) より



朧ろの奔流


溜息が汚した窓ガラスに
小指で刻んでみた名前
一息で浮かんだ文字とともに
鼓動が耳を裂くようで

いかないでもうここにいて
そばから二度と離れないで
未来など語らないで
明日にもここをあとに出来るなら

倫ならぬ日々と笑いながら
乾いた嘘を並べていた
傷跡を流した時とともに
涙が渦を巻くようで

いかないでもうここにいて
そばから二度と離れないで
未来など語らないで
明日にもここをあとに出来るなら

帰らざる日々から離れるほど
何処かで交差する気がして
朧気な記憶をたぐり寄せて
時折一人が恐くなる

いかないでもうここにいて
そばから二度と離れないで
未来など語らないで
明日にもここをあとに出来るなら

<< 我が世の春 へ戻る

<< 前のページに戻る

朧ろの奔流 今月(1イイヨー) 累計(273イイヨー)

↑ PAGE TOP