このサイトについて
fubuki.nohit.info
ようこそおいでくださいました

ロールキャベツ (ありや為也 )

  • はじめての男(掲載終了)
  • そらに
  • コンタクト
  • ロールキャベツ
  • 日曜讃歌
  • 月曜啖呵

  • ラブレコードこちらの作品は、ラブレコードでお求めいただけます



    ジャケット デザインはTOMO工房さま



    ロールキャベツ


    2007年7月16日より、ラブレコードにて販売中



    2007年7月16日の言



     たいていの男としては、本能的に征服欲があるものだろう。しかし、征服の方法はさまざまであり、多聞に自己満足を満たすがためであったりする。たとえば、こんなこと出来る男とお前であったことがなかろうほれくくく、だとか、今までのどんな男よりもこんなだぞほらららら、だとか、見事に他愛無いものである。


     そのくせ、あれだ。初心を忘れてしまっては、趣がないなどとも思うものだ。初心。そう、言い換えれば、初々しさのこと。


     いつまでも、初々しさと猛々しさを表裏に持ち合わせた、生々しい男であるべきではなかろうか。そんな男を象った、うたたち。



    << 前のページに戻る

    ↑ PAGE TOP