1998/10/13 火曜日

どうしたものか

Filed under: 日日是錯乱日記 — i @ 0:00:00

 僕は割と無知です。雑学とか別に興味ないし。勉強するのも好きじゃない。直にお話したことのある方は御存知の通り、あまりの無知さ加減に開き直って、「無知なることの幸福」を説いているくらいです。 いわく、無知であることを恥じることなかれ。あなたが知らないかわりにきっとあなたの周りの誰かが知っていること間違いなし。無知なること、無知と呼ばれること、ともに恐れるに足らず。ばかりか、無知なるが故にどんな友達の話も退屈せずに聞いていられる。無知なるが故に、面倒なことを頼られることもない。無知なるが故に毎日は驚きに満ちた新鮮さを損なうことなし。無知と呼ばれるが故に無為な虚栄心からも解放される。無知と呼ばれるが故に不要無用な敵意・嫉妬からも解放される。何よりも無知なるが故に毎日は前進あるのみ。 たまに日曜の昼にテレビをつけると、適度に難しげで適度に自分でも答えが浮かぶようなクイズ番組をやっています。なにかの弾みで、ハガキを買って来て、応募してしまった結果が、これです。もう何カ月も経つと思うのに。 こういった番組に出場出演するような人って、大学のクイズ研究会とかで4年間、卒業しても趣味として依然、クイズ道に賭けてる人だと思うんです。会社員とか、主婦とか名乗っているけれど。そんな人たちの中で、この僕に何が出来るというのでしょうか。勿論、この予選とやらで当然のように落ちてくること必至なのですが、どんな人たちが集まってくるものなのか、それを楽しみに行って来ようと思います。 しかし、「一度出場されてから5年以内の方は出場できません」ってのは、凄いなぁ。人気番組なのかなぁ。1998/10/13 以上

HTML convert time: 0.211 sec. Powered by WordPress ME