誰も目指さなかった場所に

誰も残さなかった道をつくろう。

お越しありがとうございます☆

公式な表向きのページは、別に作りました。

今後のライブ

2018年12月28日 池袋FIELD

   [何様でいこうか] (前売2000円 当日2500円(1ドリンク別) 19時00分開演(出演 またくる十二月のために 山石敬之 石村吹雪) )

2018年12月14日 江古田マーキー

   [冬日向の宴] (チャージ 前売2000円 当日2500円(1ドリンク別) 19時30分開演 出演 石村吹雪・だいこんRadis 梢あぐり (3-3) )

2018年11月30日 池袋FIELD

   [何様でいこうか] (前売2000円 当日2500円(1ドリンク別) 19時00分開演(出演 またくる十一月のために 石村吹雪) )

2018年10月26日 池袋FIELD

   [何様でいこうか] (前売2000円 当日2500円(1ドリンク別) 19時00分開演(出演 またくる十月のために 鈴木チヒロ 石村吹雪) )

2018年10月12日 江古田マーキー

   [神在月の宴] (チャージ 前売2000円 当日2500円(1ドリンク別) 19時30分開演 出演 石村吹雪 諸星貴之 吉川昌孝 (3-3) )

煙断して22568時間 すなわち940日間が過ぎました。

もはや、ただの記録です。

らしさの沼より (とびらのことば)

このページは石村吹雪が作り、石村吹雪のうたや言葉が気になった人が、その記憶を頼りに検索できる、本人管理の開かれていない場所です。いわゆるwwwの利点はあまり利用しない方針で開設しています。

何をやってもこんな言い方になる僕の、このような作りをひとは、「個性的ね」「彼らしいね」、という言葉でその本意を濁しつつ、だいたい通り過ぎ去っていったものです。「らしさ」、というものは結局、あまりひとに喜ばれたものではありません、というのが実感です。多くの場合、孤独を呼ぶばかりです。

しかしこの、「らしさ」というもの、生来的に持ち合わせたものとは思っていません。

たとえば、小学校中学校時代の同級生の記憶に、そんなに、「らしさ」を表現できるほど何かが特徴的だったり、もちろん何かに長けた同級生ではなかったはずです。おそらくは、地味で記憶に残らないほどでしょう。

それが故、それが為、おそらく高校生以降二十代いっぱいは常に、どこにあるのか分からない、自分らしさ、を頼りにしてきました。作り上げて来た、と言い換えてもいいでしょう。その記憶はあります。

つまり、地味な自分のために、ひととは違う何かをつくり、ひととは違うことを言い、ひととは違う行動をするべきであると。その手段としての、下手でもとにかく好きだった、うたづくりでした。

自分が気負わずに頑張って耕せる畑、とか、あまり目立たずそれでも正しいと思う言いたいことを言っていても隠れられる窪地だとか、そういう場所作りに励んだわけです。

長くそれにこだわったがために、「個性的だね」「彼らしいね」と称されることには慣れました。物足りないほど、慣れました。

歳を重ね、自分のつくるうたにだって商品価値がないと、この社会では生きていきにくいことを痛感します。そこで僕は思いました。

「もう正直、自分らしさなんていらない」と。実にここ数年は、誰もが普遍的に楽しめるような平易なうたを、誰もが使うやさしい言葉をつかって表現していこうと、心がけています。

どっこい。

どうやら、自分が快適に耕せる土地は、雨水に加えて無駄に流した汗や涙のたまった沼地。自分が心地よく水浴び出来るような場所になっていたようです。驚いたことにもう、どんなにありふれた言葉を使おうとも、そこから抜け出せない、「自分らしさの沼」から出られない身になっているように感じています。困っています。

だから、ゆめゆめ一目で分かりやすい、「自分らしさ」、などというものを追い求めないでくれよと、自分より若い人には訴えたいこのごろです。大事なことは、そんなことじゃなかったんだよと。

(2014年 石村吹雪)

えかきうた

この世の中で稀少であるもののみならず、多くの皆さんに楽しんでいただけるものも作らねばならないと考え、始めました。

作品例を確認する

ラブレコード

CDの販売はこちらで。現在の最新作品、わらいごと 以外にも、多数取り揃えておりますので、お立ち寄りください。

詳細を確認する

オンラインストア

ジャケットも歌詞カードも要らないという方のために、mp3ファイルを zip形式でダウンロード販売も行っております。

詳細を確認する

奥の頁

 旧来の、何をどうしてもマニア向け色濃くなってしまう場所への入り口はこちらです。日記雑記、生うた、ライブ予定など、ございます。

詳細を確認する。

(制作)シブイオンガクホールディングス

シブイオンガクホールディングスとは、東京都文京区でシブイオンガクスタヂオを運営する石村吹雪が、あまりにも大衆向けの顔を持つことが苦手な性質なため、それでも出来うる限り初めての方にも抵抗なく接していただく為に創出した架空の名前です。

ああ。こんなふうに書くと誤解を受けるかもしれません。シブイオンガクスタヂオは、実在のボイストレーニング教室です。

その運営の傍ら、常にうたを作り、うたを歌い、それがため、生きています。よろしく、お願い致します。

石村吹雪

おしながき < 奥の頁の内容へ飛びます。ご注意ください。 >